嫁入りお菓子おいり

いつものくだり
「九州 川」で検索したら、おいりがヒットしました。株式会社井筒屋 〒802-8511 福岡県北九州市小倉北区船場町1-1 新館11階 販売は、福岡の会社のようです。

売り文句
香川県の西讃地域の嫁入り菓子として伝統ある和菓子です。
カラフルでかわいらしい色で、口の中に入れるとほのかにニッキの香りが広がりすうっと溶ける食感が人気です。

香川の伝統菓子か。

香川の伝統菓子ですか。伝統菓子はどこにでもありますが、香川のは初めてです。嫁入り菓子というのも初めて聞きました。面白いですね。

香川県。

香川県はマイナーです。四国自体が、マイナーなところですが、まあ、高知は知ってますよね。いえ、四国に渡るのが億劫なんです。フェリーに乗らないといけないですからね。ああ、今は、本州四国連絡橋があるんでしたっけ。私が車で行ったときは、まだ橋がなかったような気がします。あれからずいぶん経ちますが。

おいり

おいりって、面白い名前ですね。どうして誰が付けたのでしょう?
ほんのり甘くて、柔らかい食感の餅(もち)菓子、それが、おいりだそうです。おいりを持って嫁ぐのには、婚家の一員として「心を丸く持って、まめまめしく働きます」との意味が込められているそうです。西讃の花嫁にとっては欠かすことのできない嫁入り道具の一つで、全国でも他の地域には見られない独特の風習なんだそうです。

もち菓子なんだ。

飴(あめ)かと思ったら、餅(もち)なんですね。色鮮やかでカラフルなお菓子です。なんか見ているだけで幸せになりますね。人が作ったとは思えない、すてきなお菓子です。


お取り寄せランキング

にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村



カテゴリー: 食品 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です