にしき、こにしき、さが錦w

いつものくだり

「九州 たお」で検索したら、さが錦(さがにしき)がヒットしました。製造元の村岡屋は佐賀県の会社のようです。九州の佐賀県ですね。南国市場のテーマにぴったりです。では、行きましょう。

さが錦

佐賀県代表「さが錦」(村岡屋)

あんこを混ぜたカステラ風のスポンジをバームクーヘンで挟んでいるスポンジ生地の中には、栗や小豆がまぶしてあり、バームクーヘンとの繋ぎにはチョコレートが使われている。おいしい素材勢ぞろいの欲張りお菓子。

メディア露出

「スッキリ!!」ご当地スイーツうまいッス!で紹介されました。
TV「お願い!ランキング」全国お土産総選挙参加商品
シルシルミシルサンデー全日本隠れたお土産お菓子-1GPで紹介されました!

佐賀を代表する銘菓です。和と洋が織りなす味のハーモニーをお楽しみください。2008年、2009年 2年連続モンドセレクションにて「最高金賞」受賞

手間のかかったお菓子

ありそうでなかったお菓子ですね。かなり手間がかかっているとみられます。素材の違うものを組み合わせて作ってますからね。もう一回、あんこを混ぜたカステラ風のスポンジをバームクーヘンで挟んで、繋ぎにチョコレートですか。カステラだったらカステラでいいのに、それをバームクーヘンで挟むという手間暇。バームクーヘンとカステラでは繋がらないから、チョコレートを接着剤代わりに使う様。味は、美味しいでしょう。バームクーヘンもカステラもチョコレートもおいしいですからね。多重の甘さのハーモニーでしょう。これはかなり期待できます。

あれれ!?

今、村岡屋のホームページを見てきたんですよ。そしたら、さが錦の説明が少し違うのです。ホームページの説明は、「さが錦は、小豆や栗を懐に抱くその佇まいから「浮島」と呼ばれる柔らかい生地に山芋を練り込み、ふんわりと焼き上げたものを、美しく層をなすバウムクーヘンで挟みました。 」となっていて、カステラ風の生地ではなくて、山芋を練りこんだかるかん風の生地のようです。生地が違えば随分違うな(`艸´;)

どちらの説明が正しいかは、食べて確認してください。すいません。いい加減で。


グルメ(お取り寄せ) ブログランキングへ

にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村




カテゴリー: 食品 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す